TGGの一般利用向け新プログラムが続々登場します。
今回は、プレオープンとして、本邦初公開のプログラムをモニターとして無料でご体験いただけます!
第1弾は「英語で本場ヒップホップダンスにチャレンジ!」
ダンスをしながら体で英語を覚えられるプログラムです。

募集日時 2019年5月19日(日)
・10:00~12:00
募集人数 24名
募集対象 小学校1-3年生
参加条件 SNSアカウントをお持ちで本プログラムのご感想を1回以上ご投稿いただける方。
本プログラム告知のための写真動画撮影及びTGGウェブサイト等での掲載をご承諾いただける方。
実施後アンケートにご協力いただける方。
応募期間 2019年5月10日(金)~5月13日(月)
※募集期間は終了しました。たくさんのご応募をいただきましてありがとうございました。
結果発表 抽選の結果、5月14日(火)に当選者の方にご連絡をいたします。
(当選された方のみメールにてご連絡いたします)

注意事項

  • ご当選者様の権利は当選者のものとし、第三者への権利譲渡はできません。
  • お客様のご連絡先が不明等により連絡できない場合は、ご当選の権利が無効となることがございます。
  • 今回、TGGが無料でご提供するのは該当プログラム体験料および保護者・引率者の入館料となります。現地までの往復交通費等、プログラム体験費用に含まれない費用はご当選者様のご負担となります。あらかじめご了承のうえお申込みください。
  • お客様に関する情報は、弊社「プライバシーポリシー」に同意の上、ご応募ください。

プログラム概要

現役ダンサーからスタイリッシュなヒップホップダンスの動きやステップを学びます。体のパーツや動きにフォーカスした英語をシャワーのように浴びます。体を動かしながら英語を使うことで、頭の中で翻訳せず、英語を英語として反応できるようになります。コーディネーショントレーニングといわれる運動神経を高める運動プログラムを行います。ヒップホップのダンスやステップに合わせて、英語能力と運動神経の両方をバランスよく刺激し、後半は学んだことを活かしてチームでの練習と発表を行います。

ヒップホップダンスの動きやステップを用いて英語能力を刺激

プログラムの中では、ヒップホップダンスの動きやステップのレッスンで、いろいろな英語表現にふれてきます。特に体のパーツや動きの表現についてはたくさんの種類の英語が出てきます。知っている単語でも、体を動かしながら発話してみることで、英語を体で覚えることができます。その体験をシャワーのように繰り返すことで、トレーニングの英語の指示を頭の中で日本語に翻訳せずに、英語を英語として理解して反応できるようプログラムを進めていきます。

アイソレーション&コーディネーショントレーニングをベースに運動神経も刺激

講師のジェイソン先生は現役ダンサーであり、以前は格闘技の選手経験もある本格的なスポーツアスリートです。英語だけでなく体を効果的に動かすトレーニングにも精通しています。代表的なダンストレーニングでもある「アイソレーショントレーニング」では、体の特定のパーツを独立して動かしながらヒップホップ特有のダンスを学べます。また最近日本でも運動神経を高める手法として注目されつつある「コーディネーショントレーニング」では、様々なステップや体の連動した動きを英語で学びながら、運動能力の向上を目指します。

インプットした英語とダンスを活かして、チームでのアウトプットに挑戦

英語能力と運動神経をバランスよく高めるインプットを受けて、後半はチームでのダンストレーニングと発表のアウトプットにチャレンジします。学んだ5種類以上のステップを駆使して、自分たちのチームダンスを先生やみんなと一緒に英語で考え、練習してきます。チームでパフォーマンスを高めるためのポイントも英語で学びながら、ポジティブな雰囲気を作り、楽しく集中したトレーニングを心がけます。最後はみんなの前でチームダンスを披露し、お互いを心から称え合える時間を目指しています。

動きやすい服装でお越しいただければ、ご準備いただくものは特にございません。
英語ですべてのプログラムに取り組み、ヒップホップダンスを覚えた体験は、お子さまの英語に対する自信につながると考えています。
現役ダンサーのジェイソン先生と一緒に、ヒップホップダンスを楽しみながら、英語能力と運動神経を刺激しましょう。

注意事項

  • 体を動かせる格好でお越しください。履物はスニーカーなどで大丈夫ですので、室内シューズは不要です。
  • このプログラムは小学生向けですので、保護者の方、引率者の方は、入場はできますが、プログラムを受けることができません。本プログラムに限り保護者の入館料は無料となりますが、同日に別プログラムをお申込みいただく場合は別途入館料を頂戴いたします。
  • 10歳以下のお子様には、保護者のつきそいが必要になります。
  • プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。
  • SNSアカウントをお持ちの方で本プログラムのご感想を1回以上ご投稿いただける方のみご応募いただけます。
  • 本プログラム告知のために写真動画撮影およびTGGウェブサイトの掲載にご協力いただける方のみご応募いただけます。
  • 受付時に、同意書にご署名いただきます。

 

プログラムの流れ

※番号を選択すると流れが表示されます。
※募集期間は終了しました。たくさんのご応募をいただきましてありがとうございました。

1. 自己紹介

講師の自己紹介、みんなで輪になって、手本を見たあとで、ダンスを交えて、楽しく参加者同士で自己紹介。

2. 英単語やフレーズの練習

前半は個人レッスン。まずはプログラムで使う英単語やフレーズを、発話しながら覚えていきます。その後のトレーニングでは英語を頭の中で翻訳せずに体や心を動かせる状態を目指します。

3. いよいよ体を動かすパート

いよいよ体を動かすパートでは、ヒップホップダンスの動きやステップをたくさん実践します。運動神経を刺激するトレーニングをバランスよく配置して、頭と体の両方を英語で意識的に動かします。

4. チームレッスン

後半はチームレッスン。5人前後のチームを作り、学んだ英語とステップを組み合わせて、ヒップホップダンスを練習します。ステップの順番なども英語で話し合いながら決めていきます。

5. オリジナルの動きやポーズ

ダンスが揃ってきたら、講師陣から各チームにオリジナルの動きやポーズを考えるチーム課題を出します。困ったら講師陣がサポートするので、チームのみんなと英語で一緒に考えるチャレンジができる時間を作ります。

6. ダンスを発表!

最後に保護者とほかのチームの前で、自分たちのダンスを発表!みんなで楽しみます。

注意事項

  • 体を動かせる格好でお越しください。履物はスニーカーなどで大丈夫ですので、室内シューズは不要です。
  • このプログラムは小学生向けですので、保護者の方、引率者の方は、入場はできますが、プログラムを受けることができません。本プログラムに限り保護者の入館料は無料となりますが、同日に別プログラムをお申込みいただく場合は別途入館料を頂戴いたします。
  • 10歳以下のお子様には、保護者のつきそいが必要になります。
  • プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。
  • SNSアカウントをお持ちの方で本プログラムのご感想を1回以上ご投稿いただける方のみご応募いただけます。
  • 本プログラム告知のために写真動画撮影およびTGGウェブサイトの掲載にご協力いただける方のみご応募いただけます。
  • 受付時に、同意書にご署名いただきます。

講師の紹介

ジェイソン(Jason)先生

ニュージーランド出身、ダンスと格闘技のトレーニングを経て、空手、テコンドー、カンフー、ムエタイなど多種類に及ぶ格闘技、マーシャルアーツの選手として活躍。その後ダンサーに転身し、数多くのステージでバックダンサーを務める。
日本に来てからは、ダンサーとしてのお仕事の傍ら、ダンス教室の先生や、空手教室の先生も務める。

学べる英語のポイント

ヒップホップダンスのトレーニングの中で、講師からのレクチャーと、個別のアドバイスや質疑応答を通じて、行動させながら発話させることにより、実感を伴いながら英語を身につけられるようプログラムが作成されています。

英語以外の学べるポイント

  • コンビネーショントレーニングで、体を連動させる運動を重点的に行い、運動神経を刺激する
  • チームで協力して、ダンスを完成させることで、初対面でもチーム活動で成果を出す体験をする
  • 発表の機会をつくり、ダンスを観てくれる人に対する表情や姿勢などの表現を意識する

注意事項

  • 体を動かせる格好でお越しください。履物はスニーカーなどで大丈夫ですので、室内シューズは不要です。
  • このプログラムは小学生向けですので、保護者の方、引率者の方は、入場はできますが、プログラムを受けることができません。本プログラムに限り保護者の入館料は無料となりますが、同日に別プログラムをお申込みいただく場合は別途入館料を頂戴いたします。
  • 10歳以下のお子様には、保護者のつきそいが必要になります。
  • プログラム内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。
  • SNSアカウントをお持ちの方で本プログラムのご感想を1回以上ご投稿いただける方のみご応募いただけます。
  • 本プログラム告知のために写真動画撮影およびTGGウェブサイトの掲載にご協力いただける方のみご応募いただけます。
  • 受付時に、同意書にご署名いただきます。