TGGとは?

TGGを支える5社

学研

学研グループは、創業者・古岡英人の「戦後の復興は教育においてほかにない」という信念のもと、1946年の創業以来70余年にわたり、日本の教育を支えてまいりました。そしてこれまでに培った知見をもとに、現在「教育」と「医療福祉」の2つの領域を中心として、お客様が主役のモノづくり、コトづくりを推進しております。
「教育」分野では、「教育コンテンツ」「教育サービス」「教育ソリューション」の3つの事業を中心に「知・徳・体」のバランの取れた「学び」を追求しております。「医療福祉」分野では、0歳から100歳を超えても安心して暮らし続けることができるように、子ども・子育て世代・高齢者と世代を超えてつながる「学研版地域包括ケア」の実現に邁進しております。

株式会社市進ホールディングス

市進教育グループは、市進学院・市進予備校、個太郎塾、茨進など学習塾事業を中心に、「総合教育サービス企業」として、幼児部門など対象年齢層の拡大、映像授業販売の全国展開など対象地域の拡大、日本語学校の運営、海外事業の展開、高齢者向け事業への参入などサービス内容の拡充を図っております。
また、国際化社会の中で子供たちが生き抜く英語力を身に付けさせるとともに、自分の考えをしっかりと表現できる国語力の養成に力を入れております。

株式会社エデューレエルシーエー

LCA国際小学校、LCA国際プリスクールを運営している会社です。LCA国際小学校は構造改革特区を利用してできた日本初の株式会社立の私立学校です。英語イマージョンを実施しており、1~3年生は国語以外の教科を英語で指導しています。4年生以上は国語の他に算数・理科・社会を日本語で指導します。卒業時には日本人としての教育をしっかり身につけ、英語を使いこなせるようになります。TGGではLCAで培った英語指導法やCLILのノウハウを生かし、プログラム作成を中心に貢献しています。

一般財団法人英語教育協議会(ELEC)

英語教育協議会(ELEC)は、英語教育、グローバル人材育成のための非営利財団です。戦後英語教育の変革期に発足した英語教員への研修は、文部科学省の後援を受け、現在も全国から多くのご参加をいただいています。現在では大学等への英語教育支援、個人・法人向け英語研修、音声教材制作等も行っています。国内の様々な英語教育学会、英語教育専門家との関わりが深く、TGGにおいても有識者からの支援、助言をプログラム開発およびスタッフ教育に生かしています。

博報堂

博報堂は1895年に創業し、「生活者発想」と「パートナー主義」という変わることのないフィロソフィーのもとで、日々革新を続けています。高いクリエイティビティを持つプロフェッショナルがチームを編成し、広告領域のみならず、経営・事業から社会イシューまで、あらゆる領域においてクライアントの皆様の課題解決をお手伝いしています。マーケティング環境の変化を先取りし、統合マーケティング・マネジメント力でクライアントの事業価値を向上させる世界一級のマーケティング・カンパニーを目指しています。
また、日本におけるSDGsの普及、啓発を目指した取り組みにも協力し、TGGにおけるSDGsプログラムの開発にも携わっています。既成概念にとらわれることなく、生活者や社会が求める新しい価値を、みなさまとともに作り上げてまいります。

pagetop